着色料

買っても食べてくれないキャットフード選びの失敗

大切な猫ちゃんに美味しそうなキャットフードを買ってあげたのに、食べてくれないこともありますよね。
前の餌よりも美味しいものと思って、栄養分が多い高額な商品に買い換えたのに喜んでもらえないこともあります。
ここではただしいキャットフードの選び方を紹介します。

今では昔よりもたくさんの種類のキャットフードが、ペットショップはもちろん、スーパーやホームセンターでも販売されています。
インターネットを利用すれば、専門のサイトもたくさんあって、おすすめ商品も数え切れないほど紹介されています。
いろいろな商品を見ていると、ついつい可愛い猫ちゃんに食べさせたいということで衝動買いをする飼い主さんも多いでしょうが、自分が美味しそうだと思ったモノでも、値段が高いモノでも、猫ちゃんが喜こぶとは限りません。

人間と同じで、猫にもそれぞれ味の好みがあります。
安物の餌の方を好む猫もいれば、高級品が大好きな猫もいます。
残念なことに猫とは会話ができないため、購入する前から味の好みを確認することはできません。
したがって餌選びを間違わないためには、猫ちゃんの好みを把握することが重要です。


おすすめなのは、少量のキャットフードをいくつか購入して猫ちゃんに全て与えてみると、好みが分かります。
キャットフードを変える時には、新しい商品をまとめて購入するのは危険なのでやめましょう。
餌を変えるタイミングで多いのは、猫ちゃんが太ってきた時や病気をした時です。

これまでの餌を急に変えると、猫ちゃんも戸惑ってしまいます。
キャットフードには大きく分けてドライフードと缶詰に入っている柔らかいタイプのものがありますが、缶詰なら1個100円か200円程度で、ドライフードでも1袋の中に数種類の味がパックで分けられているものもあるので、はじめはとにかく猫ちゃんの好みを知りましょう。

このように、キャットフード選びで失敗しないためには、飼い主の好みだけで商品を決めないことで、猫ちゃんの好みに合わせて商品を選ばなければいけません。
猫にもキャットフードの好き嫌いはあります。
はじめはいろいろな商品を与えて好みを把握することをおすすめします。