クリニックで勧められる満腹サポートのキャットフード
着色料

クリニックで勧められる満腹サポートのキャットフード

お家で悠々と生活している猫ちゃんは、肥満になる確率も高くなります。
肥満になれば人間と同じように糖尿病など成人病のリスクが高まります。
そうなれば猫にも食事療法が必要となりますが、ここではクリニックでも勧められるキャットフード「満腹サポート」について紹介します。

糖尿病になる猫はかなり増えていると言われています。
人間と同じように、中高年になると発症率が高くなり、糖尿病の猫の半数以上が10歳以上だと言われています。
糖尿病の猫には、カロリーを控えるなどの糖尿病食が必要となり、もちろん治療によって血糖値をコントロールしなければいけません。
実は犬に比べて猫の方が糖尿病になるという統計が出ています。

クリニックによっては、糖尿病や肥満の猫には食事療法として満腹サポートのキャットフードを勧めるところもあります。
満腹サポートとはロイヤルカナンというペットフード会社が販売している猫ちゃんの療養食で、その名の通りに低カロリーでも満腹感が得られるように工夫してつくられています。

満腹サポートには食物繊維が通常のキャットフードの倍も含まれていて、そのため減量中でも満腹感を得られるようになっています。
しっかりカロリーを制限しながらも、ビタミンやミネラルやたんぱく質など、必要な栄養分はきちんとバランスよく摂れるようになっています。

満腹サポートでは、糖コントロールも可能となっていて、糖の吸収の速度を遅くする炭水化物である大麦をメインにしているところが特徴です。
また満腹フードは、尿のphの値を弱酸性に保って、健康的な量の尿や比重を維持するように考えられています。
糖尿病になるとph値5前後の酸性尿歯科でなくなりますが、それを改善させる工夫が満腹サポートではされています。

このように、最近では肥満になる猫が多く、それが原因で糖尿病などの病気になる猫もたくさんいます。
減量や食事療法が必要な猫にはロイヤルカナンから販売されているダイエットキャットフードである満腹サポートがおすすめで、これは多くのクリニックでも勧められているおすすめ商品です。